So-net無料ブログ作成

【その2】横浜市の定額給付金の申請手続きに思うこと [お金も大事]

横浜市の定額給付金の給付決定通知書が届いた。5/9に給付申請書を投函したのだが、記載されている日付を見るとどうやら通知決定されたのが5/17で、振込日が5/22ということらしい。既に5/22を過ぎているのは仕方が無いとして、一つ気になったことがある。

それは、広告だ。

届いた給付決定通知書は、いわゆる圧着ハガキ。内側の片面が決定通知書なのだが、もう片面には「開国博Y150」と「CO-DO30(横浜市の地球温暖化対策指針)」の広告が掲載されていたのだ。果たして、これを見て『開国博Y150へ行こう』とか、『CO-DO30のために、省エネ家電に買い換えよう』と考える人がどれくらい居るのだろうか。

本当に消費を喚起したいのなら、例えば「開国博Y150」の給付金受給者だけの割引入場券の引換クーポンや、省エネ家電購入の助成クーポンといった、消費行動に結びつきやすい広告にすべきではないだろうか。さらに言えば、そもそもこの広告枠を企業に売却し、企業に独自のクーポンを掲載させれば、さらに消費行動のバリエーションが拡がったのではないだろうか。

別途申請をすれば、現金給付も可能のようだが、多くの世帯では口座振込となるであろう今回の定額給付金。口座に入れたまま、生活費の自動引落としを待つというケースも少なくないような気がする。せっかく横浜市のほぼ全世帯に配布される媒体なのに、有効に活かしきれていないように思えた。

我が家でも、なるべく市内での消費活動に回るように努めたいと考えています。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。