So-net無料ブログ作成

『没後400年 特別展 長谷川等伯』を見てきました! [音楽、映画、現代アート]

マキシム・ド・パリを出て、ファンケルに寄った後、銀座線で上野に向かい、東京国立博物館の『没後400年 特別展 長谷川等伯』を見に行きました。

実は、これも、チケットをもらいまして・・・。
と言っても、国宝の「松林図屏風」は見てみたかったので、喜んで行ったのです。

到着すると40分待ち。並んでいると、雲ひとつ無い空で暑いくらいでした。
博物館の隙間から、建設中の東京スカイツリーが見えました。
青い空に、赤白のクレーン。

やっと、中に入ると、ものすごい混雑。
そこで、まずは国宝の「松林図屏風」、智積院の「楓図壁貼付」「松に秋草図屏風」を目指して、周りました。松林図は、「月夜松林図屏風」という、月が描かれたものもありましたが、やはり、国宝の「松林図屏風」を見られたのが良かったです。

遠くから見ると、全体的にぼんやり煙った感じなのに、近くでみると、実は松の枝の荒々しい筆致がわかります。とても不思議な感じ。

そして、巨大な「仏涅槃図」もインパクトがありました。下まで吊るされておらず、下部は少し床面に寝かされて展示されていました。それくらい、大きいということ。

とても楽しめました。
帰りに、図録と、「松林図屏風」「楓図壁貼付」のクリアファイル、メモ帳を買ってきました。
また帰って、眺めたいと思います。

充実した一日でした!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。