So-net無料ブログ作成

「わいわい×わくわく たのしむ狂言 野村万作の狂言の世界」を観てきました [音楽、映画、現代アート]

さいたま市プラザノースで、「わいわい×わくわく たのしむ狂言 野村万作の狂言の世界」を観てきました。

嫁の叔母がチケットを取ってくれていました。狂言を生で観るのは初めてでしたが、人間国宝野村万作の舞台が観られるということで、とても楽しみにしていました。

昨日ステラモールで11時に待ち合わせ、ステラモールのバケットでランチ。焼きたてのパンをたくさん食べました。全席自由席ということで、開場の30分前にホールに向かったのですが、既に100人くらい並んでいました。割と前方正面のいい所に座ることができました。経年層が多かったのですが、小さな子供連れの方々も結構いらっしゃったのが印象的でした。

演目は「昆布売」と「蝸牛」の二つ。最初に演者の高野和憲さんから、わかりやすい解説があったのが良かったです。両方とも30分弱の内容で、古い言葉を理解できるかどうかが心配でしたが、問題なく理解することができ、とても楽しめました。独特の間や、何というか、ありえないことを楽しむ世界。つまり、「面白がる」がやっぱり大切なのだと思いました。いきなり始まっていきなり終わる感じ、そして後見の役割は面白い。

その後、使用期限が迫っていたスターバックスの株主優待券でお茶を。長い茶飲み話となるだとうと、全員ベンティで注文したのですが、叔母はベンティサイズを初めて見たらしく、目を丸くしていました。飲みきれずに、帰りに蓋と袋をもらうことに・・・。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。